So-net無料ブログ作成
多剤耐性アシネトバクター菌 帝京大学医学部付属病 ブログトップ

多剤耐性アシネトバクター菌 帝京大学医学部付属病院 院内感染 その恐ろしい実態とは [多剤耐性アシネトバクター菌 帝京大学医学部付属病]




帝京大学医学部付属病院がアシネトバクター菌の院内感染で
46人に感染そのうち27人が死亡したと発表しました。


アシネトバクター( Acinetobacter )とは、
土壌や水の中によく見られる細菌ですが、
病院内にも存在して院内感染を起こします。
アシネトバクター-バウマニ種による感染が80%です。


主に体力・免疫力の弱まった人へ感染します。
感染すると、致死率は40-64%と高い恐ろしい菌です。


特にアシネトバクター菌や感染症で問題なのは
これらの治療には通常、抗生物質が使用されますが、
実は最近、ほとんどの抗生物質が効かない(多剤耐性)
アシネトバクター菌が発生しているということです。


これは新型インフルエンザに続く新たな恐怖ですね。
こんなことにならないですよね・・・








http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000102-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000924-yom-soci


共通テーマ:ニュース
多剤耐性アシネトバクター菌 帝京大学医学部付属病 ブログトップ
今、あなたが知りたいニュースブログ 美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。