So-net無料ブログ作成
検索選択
帝銀事件とは ブログトップ

帝銀事件とは 奇怪な凶悪事件の真相 [帝銀事件とは]



昭和23年1月26日午後3時頃、
東京豊島長崎帝国銀行椎名町支店に男が訪れ、
16人の行員に赤痢の予防薬と偽って青酸化合物を飲ませた結果、
12人を死亡させたうえ現金約16万円などを奪った毒物殺人事件です。




悲惨な事件であったこともそうですが、
犯人として捕まったのが平沢貞通氏。


しかし、これが冤罪だとして、
作家松本清張氏などが冤罪をはらすための運動を展開。


平沢貞通氏が死刑判決から、昭和62年5月10日朝、
八王子医療刑務所で95年の生涯を終えるまでの39年も
死刑が実行されなかった異例の事態となっています。


一体、真実はどこにあるのでしょうか・・・

衝撃!!事件の真相black file










共通テーマ:ニュース
帝銀事件とは ブログトップ
今、あなたが知りたいニュースブログ 美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。